[Xamarin][CrossPlatform][Deviceクラス] Device.Stylesを使用して組み込みスタイルを使用する

Device.Stylesを使用すると、あらかじめ決められた組み込みスタイルを使用することができます。

以下に例を示します。

はじめに書くスタイルをかくにんできるようにLabelを6つ配置しておきます。

<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:DevuceClassSapmle3"
             x:Class="DevuceClassSapmle3.MainPage">

  <StackLayout Padding="10, 30, 10, 10">
      <Label x:Name="label1" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
      <Label x:Name="label2" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
      <Label x:Name="label3" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
      <Label x:Name="label4" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
      <Label x:Name="label5" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
      <Label x:Name="label6" Text="Welcome Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center" HorizontalOptions="Center" />
  </StackLayout>

</ContentPage>

つづいて、各LabelのStyleプロパティに組み込みスタイルの値を設定します。

public MainPage()
{
    InitializeComponent();

    label1.Style = Device.Styles.BodyStyle;
    label2.Style = Device.Styles.CaptionStyle;
    label3.Style = Device.Styles.ListItemDetailTextStyle;
    label4.Style = Device.Styles.ListItemTextStyle;
    label5.Style = Device.Styles.TitleStyle;
    label6.Style = Device.Styles.SubtitleStyle;
}

上記例のように、組み込みスタイルを使用すると、各プラットフォームで適切なスタイルが設定されるようになります。

実行例を以下に示します。

[Xamarin][CrossPlatform][Deviceクラス] Device.OnPlatformを使用してプラットフォーム毎にXAMLを記述する

XAML内でDevice.OnPlatformを使用すると、プラットフォーム毎に固有の値を記述することができます。

以下はDevice.OnPlatfomrを使用して、プラットフォーム別にLableのテキストカラーを設定する例を以下に示します。

<OnPlatform>のx:TypeArgumentには、コントロールのどの属性を設定するのかを指定します。ここではColotとしているので、テキストカラーをプラットフォーム別に設定することを意味します。

また、iOSやAndroidというプラットフォーム別のプロパティに各値を設定します。

<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:DevuceClassSapmle3"
             x:Class="DevuceClassSapmle3.MainPage">

  <Label Text="Welcome to Xamarin Forms!"
           VerticalOptions="Center"
           HorizontalOptions="Center" >
    <Label.TextColor>
      <OnPlatform x:TypeArguments="Color"
        iOS="Red"
        Android="Blue"
      />
    </Label.TextColor>
  </Label>

</ContentPage>

実行例を以下に示します。

[Xamarin][CrossPlatform][Deviceクラス] Device.OpenUriでブラウザを起動する

Device.OpenUriメソッドを使用すると、デバイスで既定のブラウザを起動して任意のページを表示することができます。

構文
Device.OpenUri(表示したいページのURL);

「表示したいページのURL」には new Url(“http://blog.hiros-dot.net”) のように記述し増す。

以下に例を示します。

public MainPage()
{
    InitializeComponent();

    Device.OpenUri(new Uri("http://blog.hiros-dot.net"));
}

実行結果を以下に示します。

[Xamarin][CrossPlatform][Deviceクラス] Device.OnPlatformで様々なサイズを微調整する

Device.OnPlatformメソッドを使用するとターゲット(iOS, Android, Windows Phone)の微調整を行うことができます。

構文は以下の通りで引数は3つあります。

構文:
Device.OnPlatform(iOS用の値, Android用の値, Windows Phone用の値)

このメソッドは、実行時にターゲットを判断します。現在起動しているターゲットがiOSである場合には第1引数の値を、Androidである場合は第2引数の値を、Windows Phoneである場合は第3引数の値を返します。

以下はターゲット毎にパディングの値を変更する例です。Thicknessのそれぞれの引数は、順に左、上、右、下を表しており、この例では第2引数の「上」のパディング値をターゲット毎に変更できるようにしています。

layout.Padding = new Thickness (5, Device.OnPlatform(30,0,0), 5, 0);

また、以下のように記述することで、ターゲット毎に処理を実行させることもできます。

Device.OnPlatform(
    Android: () =>
    {
        lblIdiom.BackgroundColor = Color.Black;
    },
    iOS:() =>
    {
        lblIdiom.BackgroundColor = Color.Red;
    },
    WinPhone: () =>
    {
        lblIdiom.BackgroundColor = Color.Purple;
    }
);

[Xamarin][CrossPlatform][Deviceクラス] Device.Idiomでデバイス種類を判別する

DeviceクラスのIdiomプロパティを使用すると、現在起動しているデバイスがPhone, たブレッド, デスクトップのどれなのかを判別することができます。

Device.Idiomプロパティは、TargetIdiom列挙体(以下表)の値を示します。

説明
Phone デバイスがPhoneであることを示す
Tablet デバイスがタブレットであることを示す
Desktop デバイスがデスクトップであることを示す
Unknown デバイスが上記のいずれでもない

以下にDevice.Idiomの使用例を示します。この例では、Device.Idiomでデバイスを判別し、Labelにデバイス種別を表示します。

XAMLは以下の通りとします。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<ContentPage xmlns="http://xamarin.com/schemas/2014/forms"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2009/xaml"
             xmlns:local="clr-namespace:DeviceClassSample2"
             x:Class="DeviceClassSample2.MainPage">

  <Label x:Name="lblIdiom"
         Text="Welcome to Xamarin Forms!"
         VerticalOptions="Center"
         HorizontalOptions="Center" />

</ContentPage>

コードは以下の通りとし、switchでデバイス種別を判断しています。

public MainPage()
{
    InitializeComponent();

    string strIdiom = string.Empty;

    switch (Device.Idiom)
    {
        case TargetIdiom.Phone:
            strIdiom = "Phone";
            break;
        case TargetIdiom.Tablet:
            strIdiom = "タブレット";
            break;
        case TargetIdiom.Desktop:
            strIdiom = "デスクトップ";
            break;
        case TargetIdiom.Unsupported:
            strIdiom = "サポート外";
            break;
    }

    lblIdiom.Text = strIdiom;
}

以下はiPhoneとiPadのシミュレータでの実行例です。iPhoneの場合は「Phone」が、iPadの場合は「タブレット」が表示されます。