[Unity 2D]キャラクターの追加とRigidbody 2Dの追加

はじめに

前回は、カメラの設定について説明し、背景画像の見え方(サイズ調整)を行いました。

今回は、キャラクターを追加してRigidbody 2Dを追加する方法について説明します。

過去記事は以下の通りです。

キャラクターを追加する

はじめに、ProjectビューのAssetsフォルダにキャラクターとなる画像を追加します。

例としてヘリコプターの画像を準備し、Assets\Spritesフォルダに配置します。

本素材は、「かわいいフリー素材 いらすと屋」さんからダウンロードした画像です。

次に、追加したキャラクターをSceneビューにドラッグ&ドロップして任意のサイズに変更します。

今度は、キャラクターを画面中央に設定するしてみましょう。

配置したキャラクターを選択して、InspectorビューでPositionのx,y,zを0に設定します。

Rigidbody 2Dの設定

Rigidbody 2Dとは2Dのゲームオブジェクトに対して物理シミュレーションをするコンポーネントです。

配置したキャラクターを選択したら、Inspectorビューの下の方にある[Add Component]というボタンをクリックして、[Physics 2D]-[Rigidbody 2D]を選択します。

Rigidbody 2Dを追加すると、Inspectorビューは以下のようになります。

上記の設定が完了したら、画面上部にある再生ボタンをクリックします。

すると、キャラクターが落下していくのがわかります。このように、Rigidbody 2Dを設定すると、物理法則が働くようになります。

落下をさせたくない場合は、InspectorビューでGravity Scaleに0を設定します。

 

 

 

[Unity 2D] カメラの設定

はじめに

前回は、スプライトとして背景画像を配置しました。しかし、表示された背景画像はシーンに対して小さいため、今回はこのサイズを調整する方法を見ていきます。

過去記事は以下の通りです。

カメラの設定

背景画像が小さく表示されているのは、カメラの視界が大きいためです。

この視界を調整するには、はじめにHierarchyビューでMain Cameraを選択します。

次にInspectorビューでSizeを変更します。この値はSceneビューとCameraビューを見ながら調整します。

アスペクト比の設定

アスペクト比とは画面の縦横比率のことです。

この設定はGameビューのFree Aspectとなっているところをクリックして、任意の比率を選択します。

以上で、ゲーム画面として表示されるエリアの設定は完了です。このように見える範囲を設定するにはCamaraの設定を行います。

[Unity 2D] スプライトを登録する

はじめに

前回と前々回で、UnityのインストールからUnityのエディタ環境の説明を行いました。

今回は、スプライトの登録方法を見ていきましょう。

過去記事は以下の通りです。

スプライト管理用のフォルダを作成しよう

Unityで画像を表示するには、「スプライト」と呼ばれる単位で管理します。

2Dゲーム開発におけるキャラクターやアイテムといったオブジェクトのことを「スプライト」と呼ぶ、と覚えておけばOKです。

プロジェクトで使用するスプライトを登録する前にフォルダの作成をしましょう。

フォルダの作成場所は、ProjectビューのAssetsで行います。

Assetsを右クリックしてメニューを表示したら[Create Folder]を選択して、フォルダーを作成します。フォルダ名称は何でも構わないのですが、わかりやすいようにSpritesとします。

フォルダを作成すると以下のようになります。

それでは、背景となる画像をSpritesフォルダに登録してみましょう。

エクスプローラーを開いて、Spritesフォルダにドラッグ&ドロップしてください。

画像を登録すると以下のようになります。

登録した画像の名前は、ゆっくり2回シングルクリックをすると変更することができます。ここでは背景画像として使いたいので、backとしました。

次にゲーム画面に今登録した画像を表示させてみます。

登録した画像をドラッグ&ドロップで、Sceneビューに配置します。

Hierarchyビューには、backが追加されます。

背景画像を中心に表示する

背景画像をSceneビューに表示することができましたが、手動でのドラッグ&ドロップのため、以下のように中心より少しズレている場合があります。

このような場合は、Sceneビューで対象のスプライト(ここでは背景画像)

を選択して、InspectorビューのPositionでX,Y,Zをそれぞれ0にします。これでスプライトが画面中央に表示されるようになります。

作成したシーンの保存

Unityでは1つの画面をシーンという単位で保存します。

ひとまず、ここまでのシーンを保存してみましょう。

Projectビューを開いて、Spritesフォルダを作成したときと同様の手順で「Scenes」というフォルダを作成しましょう。

次にメニューの[File]-[Save Scene]を選択します。

ダイアログが表示されるので、先ほど作成した「Scenes」フォルダを選択し、名称を「Main」として保存します。

保存が完了すると、Projectビューに「Main」シーンが表示されます。

次回はカメラ設定や、別のスプライトの追加について見ていきます。